FC2ブログ

ショタ小説 -少年の戸惑い-

少年の恋に戸惑う心を綴ったフィクションです。登場人物は全て仮想の人物であり、実在する人物などとは一切関係していません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

純淫


 部屋に入ると、弟はすでにベッドに入っていた。
「おかえり、兄さん」
 弟は可憐にほほ笑んだ。掛布団の端から淡い色の肩が覗いている。おそらく弟はその下で一糸まとわぬ姿で横たわっているのだろう。
「寒くないように温めておきましたよ」
 僕は弟がたびたびこうして娼婦のまねごとをするのを快く思っていなかった。弟は一切の穢れを知らないような真っ白な肌をしているのだ。
「よさないか、そんなまねは……」
 上着を脱ぎながら僕は敢えて目を逸らした。弟の熟れゆく半ばにある肢体は否応なく欲をそそる。反してその欲は弟の精神成長に好ましくないものだった。僕は椅子に腰かけ、その気がないふりをするために本を開いた。
「つれないですよ、兄さん……」
 弟は僕の腕に手を触れ、シャツの袖を軽く引いた。僕はかまわず行に目を通した。こめかみのあたりが嫌にじんじんと鳴っているので、なかなか言葉が頭に入らない。
「喉は乾いていませんか?」
 なおも僕はうつむき読書らしき行為を続けた。
「!」
 不意に頬に熱い弟の手を感じた。そして美麗な弟の顔が近づき、唇がおおわれた。弟は口に含んだ水を僕の内側へと流し込んだ。その勢いで弟は僕の舌を舌でとらえ、執拗に撫でまわした。
「やめろ」
 僕は口から水がしたたり落ちるのにもかまわず、乱暴に弟をベッドに押し戻した。裸の上半身をあらわにし、弟はあわれっぽい声を上げてベッドに倒れこんだ。僕は激しい鼓動を静めようとしながら、そっぽを向いた。
「僕が、お気にめしませんか?」
 弟の声は今にも泣きだしそうなほどうるんでいた。僕は思わず弟を見た。うっすらと赤らんだ体を浅く上下させ、涙をためた目で僕をおそるおそる見上げていた。かすかに震える睫毛が愛らしかった。
気が付くと僕は覆いかぶさるようにベッドの上の弟に襲い掛かっていた。柔らかな唇を押し開け、改めて弟の舌を貪った。そして掛布団をはねのけ、弟の裸体を抱き、愛撫した。
 弟の身体がうねり、僕はそれに合わせて身体に舌を這わせた。熱っぽくて切ない弟の鳴き声が部屋に響いた。
 やがて弟は僕の下腹部に頭をうずめ、刀身を探り当てた。そして小さな口を広げ、生温かい幼い粘膜でそれを覆った。僕は稲妻のごとく全身を貫く感覚に震えた。弟は激しく頭を前後させ、また僕は夢中で腰を押し出しては差し引いた。欲の果てがほとばしるまで、僕たちは激しく絡み合った。

「まったく、仲がよすぎるのも考え物です」
 品の良い紳士が、苦笑しながら小さくて白いほうを抱き上げ、リールを手に取った。
「さあ、今度はあなたが散歩にでかける番ですよ……」




※参考…長野まゆみ「遊郭の少年」
スポンサーサイト

テーマ:ショタ小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/09(金) 00:09:12|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賀正 | ホーム | マージナルの手>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzledboy.blog101.fc2.com/tb.php/137-40f6837e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イズコー

Author:イズコー
バイの某大文学部生です。少年愛の美学、ショタの文学、美少年と少年美、「艶」の定義についてなど日々考察中。

Twitterはこちら
ネットラジオ

メールアドレスはiskough●yahoo.co.jp
です。
※●を@に変えてください。

アクセスカウンター

インフォメーション

はじめに
   当サイトご利用にあたってのご注
   意です。必ずお読みください。
BBS
   掲示板です。ご意見ご感想をお
   教えください。
DigiKet
   ダウンロード販売中の作品です。

ツイッター

目次

The Puzzled Boy - 1
The Puzzled Boy - 2
The Puzzled Boy - 3
The Puzzled Boy - 4
The Puzzled Boy - 5
くらすめいと
二人占め
二人の帰り道
後輩とぼく
一夜限り
My Life is Not Beautiful
仮想現実
格調
風の噂
夏の夜の
呼ばい
待っていた夜更け1
待っていた夜更け2
私解・稚子草子(第五段)
魔性
とぶらひ
Not for Something
慰み
草枕
月光
あの日の水泳
兄弟
夏の孤独
マージナルの手
純淫
王家の砦
春の色
浴衣の少年
幻影
邂逅
奇妙な三人
夏の終わり
Jealousy

最近のコメント

リンク


カテゴリ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。