ショタ小説 -少年の戸惑い-

少年の恋に戸惑う心を綴ったフィクションです。登場人物は全て仮想の人物であり、実在する人物などとは一切関係していません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第二章後編

春雄はおもむろに性器を握った。
逆らえば、雅人に何をされるかわからない。
イヤフォンから聞こえる声によって、春雄の胸は高鳴っていた。

『いや、いやぁ!』
『だめ、イっちゃう!』

淫らな言葉を連発する女性の声に突き動かされ、春雄はつい最近教え込まれた自慰行為を始めた。
上を向いたまだ幼い勃起を、一心にこすりつける。
やがて春雄の脳内は、快感だけで満たされた。

「んっ、はっ」

雅人は舐めるような目で、快楽を求める11歳の少年を眺めた。
頬を紅潮させ、時折荒い息を漏らす幼い口元は、雅人を十分に楽しませた。

「出すときは言えよ」

雅人は春雄の耳元で、聞こえるよう大きな声で言った。
春雄は頷きながらも、手の動きを止めなかった。

「はっ、はっ、出そう……」

春雄は、カウパー氏液に濡れた手をさらに早く動かした。
そして、そのまま白い液体を放った。
弧を描いた若い精液は、春雄のズボンやベッドのシーツにふりかかった。

「はぁはぁはぁ」

春雄は性器を握ったまま、ベッドの上に硬直していた。
雅人は、そこここに付着した春雄の精液を舐め取った。

「あっ!」

雅人が春雄の手と性器の精液を舐めたとき、春雄は声を上げた。

「もう行けよ」

雅人が精液を舐め終えると、ドアを開けて行った。

「うん……」

春雄は荒い息が整わないまま、雅人に部屋を追い出された。


「あれ、遅かったね」
「うん……。雅人くんと喋ってた」

健人は春雄のズボンについた染みに気付かなかった。
スポンサーサイト

テーマ:ショタ小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/05/08(木) 21:24:12|
  2. 第五部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第三章 | ホーム | 第二章前編>>

コメント

初コメ(^.^)リンク報告です。

ドキドキしてみてました(^.^)

こういうのって現実にあるかもしれませんよね。
( ̄○ ̄;)テスト勉強つづけないと…

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
  1. 2008/05/17(土) 03:13:21 |
  2. URL |
  3. ゆうきん #ADh6FMyw
  4. [ 編集]

ありがとうございます☆

こんにちは☆
ご覧いただきありがとうございますm(__)m
現実になさそうでもない(爆)

これからもよろしく~♪
  1. 2008/05/18(日) 23:54:51 |
  2. URL |
  3. イズコー #BHenOeZ.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzledboy.blog101.fc2.com/tb.php/73-2071e96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イズコー

Author:イズコー
バイの某大文学部生です。少年愛の美学、ショタの文学、美少年と少年美、「艶」の定義についてなど日々考察中。

Twitterはこちら
ネットラジオ

メールアドレスはiskough●yahoo.co.jp
です。
※●を@に変えてください。

アクセスカウンター

インフォメーション

はじめに
   当サイトご利用にあたってのご注
   意です。必ずお読みください。
BBS
   掲示板です。ご意見ご感想をお
   教えください。
DigiKet
   ダウンロード販売中の作品です。

ツイッター

目次

The Puzzled Boy - 1
The Puzzled Boy - 2
The Puzzled Boy - 3
The Puzzled Boy - 4
The Puzzled Boy - 5
くらすめいと
二人占め
二人の帰り道
後輩とぼく
一夜限り
My Life is Not Beautiful
仮想現実
格調
風の噂
夏の夜の
呼ばい
待っていた夜更け1
待っていた夜更け2
私解・稚子草子(第五段)
魔性
とぶらひ
Not for Something
慰み
草枕
月光
あの日の水泳
兄弟
夏の孤独
マージナルの手
純淫
王家の砦
春の色
浴衣の少年
幻影
邂逅
奇妙な三人
夏の終わり
Jealousy

最近のコメント

リンク


カテゴリ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。